日本スポーツ協会は10日、東京都内で国体委員会を開き、9~10月に三重県で開催される国民体育大会では新型コロナウイルス感染防止策として、選手ら参加者に事前のPCR検査を義務付ける方針を決めた。
 大会には選手、監督ら約2万5000人が参加予定。選手団を派遣する各都道府県からは検査の費用負担を懸念する声が上がっており、日本スポーツ協会は支援策などの調整を進める。 (C)時事通信社