政府は10日、国内での新型コロナウイルスワクチン接種回数が、累計で2000万回を超えたと発表した。1回目の接種を終えた高齢者が1000万人を超えるなどペースは加速している。
 首相官邸によると、9日までの総接種回数は2038万3612回で、内訳は医療従事者向けが約882万回、高齢者向けが約1156万回。
 医療従事者向けで1回目の接種を受けた人は約509万人で、政府が当初見込んでいた約480万人を超えた。接種対象としていた医療従事者の大半が、1回目の接種を受けたとみられる。
 2回目を打ち終えた人は医療従事者で約372万人、高齢者で約143万人。ワクチン別で見ると、これまでに米ファイザー社製が約2006万回、米モデルナ社製が約32万回使用された。
 9日の接種回数は約64万回と報告されており、菅義偉首相が目標とする「1日100万回」に届いていない。ただ、1日単位の接種回数は、自治体などからの報告遅れもあるため、数字は変動する可能性がある。 (C)時事通信社