菅義偉首相は10日夜、英国南西部コーンウォールで開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)に出席するため、政府専用機で羽田空港を出発した。サミットは11~13日の日程で行われ、新型コロナウイルス対策、覇権主義的な行動を続ける中国への対応、気候変動問題などを討議。民主主義陣営としての結束を国際社会に示すことを目指す。
 出発に先立ち、首相は首相官邸で記者団の質問に答え、東京五輪・パラリンピックに関して「感染対策を徹底し、安全安心の大会を実現することを(サミットで)説明し、理解を得たい」と強調した。 (C)時事通信社