【サンパウロ時事】ブラジルのボルソナロ大統領は10日、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたか、感染して回復した市民について、公の場でのマスク着用義務を免除する方針を明らかにした。ボルソナロ氏は「マスクは予防に効果がない」と公言し、頻繁に無視してきた。
 累計感染者数が世界ワースト3のブラジルでは、10日も9万人近くの新規感染が確認されるなど、状況は悪化し続けており、各州や市の反発も予想される。地元メディアによると、同国ではこれまでに対象者の約11%がワクチン接種を終えており、政府は年内の完了を目指している。 (C)時事通信社