日本航空と全日本空輸が新型コロナウイルスワクチンの職域接種を14日に始める方向で調整していることが11日、分かった。国際線の運航に関わる社員を優先する。両社は21日の開始に向け準備を進めていたが、政府から前倒しの打診を受けたという。
 国際線のパイロットや客室乗務員らから接種を始め、対象を順次拡大する。会場は羽田空港にある会議室とする方向。 (C)時事通信社