立憲民主党の枝野幸男代表は11日、日本外国特派員協会で記者会見し、東京五輪・パラリンピックについて、新型コロナウイルス感染拡大が続いていることを踏まえ、「1年延期か中止の選択肢を国際オリンピック委員会(IOC)と交渉すべきだ」と政府に求めた。
 枝野氏は、大会開催で人出が増加し、「8、9月に国内の感染爆発を生じる可能性が非常に高い」と指摘。その上で「出入国の権限は政府が持っている。それを背景に交渉すればまだ間に合う」と訴えた。 (C)時事通信社