【北京時事】中国自動車工業協会は11日、5月の同国新車販売台数が前年同月比3.1%減の212万8000台だったと発表した。伸びは4月の8.6%増から落ち込み、1年2カ月ぶりにマイナスとなった。前年は新型コロナウイルスの感染抑制を背景に2桁増を記録したが、反動減となった形だ。
 乗用車は1.7%減、商用車は7.4%減。一方、政府が普及を後押ししている電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの「新エネルギー車」は2.6倍の21万7000台で、全体に占める比率は初めて10%を上回った。政府はこの比率を2025年までに20%前後に引き上げる目標を掲げている。 (C)時事通信社