政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は11日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピックをめぐり自らを含む感染症専門家らが準備を進める提言について、「観客を入れるとか入れないとかに関わるリスクの評価はするつもりだ」と明らかにした。
 提言について立憲民主党の長妻昭氏は、五輪中止を求める内容になるのかと質問。尾身氏は「どういうリスクがあるか、あるいはどれだけのリスクがあるのかないのかを示す」と答え、「開催は責任者が判断して決めていただくのが筋だ」とした。ただ、同時に「菅義偉首相は国の感染対策の責任者だ」と指摘。「読んでいただければ」と語り、開催の是非を再検討することに期待をにじませた。 (C)時事通信社