防衛省は14日、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センター東京会場で同日以降、自衛隊や警察、消防、海上保安庁など危機管理対応に当たる公務員への接種を行うと発表した。14~27日分の予約枠の多くが埋まっておらず、空いた枠を有効活用するため。
 大阪会場は16日まで予約が埋まっているため、17日以降空きが出れば同様に自衛隊員らへの接種を検討する。
 14日からは東京、大阪の両会場で、対象を全国の65歳以上の高齢者に拡大した接種が始まった。今後、自治体からの接種券の配布状況などを見ながら、64歳以下への対象拡大も検討する。
 7日に始まった14~27日分の予約が低調だったため、防衛省は10日、対象地域を7都府県から全国に拡大。12日にはインターネットに加え電話での受け付けも開始したが、14日午前10時時点で15日以降の計19万5000人の枠に対し、約13万1500人分の空きがある。
 28日から多くが2回目の接種になり、予約枠が少なくなるため、防衛省は希望者に早めに1回目の予約を取るよう呼び掛けている。 (C)時事通信社