金融庁の氷見野良三長官は14日、時事通信主催の金融懇話会でオンライン講演し、新型コロナウイルス感染収束後の金融の在り方をめぐり、地域金融機関の経営強化策として再編は有力な選択肢だと指摘した。政府や日銀が打ち出した再編促進策がいずれも時限措置であることを挙げ、「腹を決めて取り組んでほしい」と強調した。
 氷見野氏はコロナ後を見据え、「地域経済の新しい成長に対し、リスクを取り、関与していくには強い経営基盤が必要だ」と分析。その上で「各行の置かれる状況により異なるが、再編も有力な選択肢の一つだ」との考えを示した。 (C)時事通信社