日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長が14日、同協会の理事会後にオンラインで記者会見し、男子国内メジャーの日本プロ選手権(7月1~4日、栃木・日光CC)について、新型コロナウイルスの影響による減収のため、賞金総額を当初予定から5000万円減の1億円にすると発表した。優勝賞金は2000万円。
 ギャラリーは受け入れる予定だが、1日当たり5000人の上限を設ける。 (C)時事通信社