東京五輪・パラリンピック組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)などは15日、大会での新型コロナウイルス感染予防策をまとめたプレーブック(規則集)第3版を公表し、選手や関係者が規則に違反した際の罰則として金銭制裁、国外退去などを明記した。7月1日から適用される。
 罰則は他に、警告、参加資格剥奪、大会からの除外、失格が記された。処分の基準や制裁金額は未定。五輪では組織委とIOCが協議し、IOCによる支援チームを通じて措置と制裁を適用する。
 原則として毎日実施する選手の検査は、唾液抗原定量の検体を午前9時か午後6時に提出。結果判明は12時間後で、陽性の場合は鼻咽頭PCRで再検査を行い、3~5時間で結果が出る。毎日の検体提出機会を朝と夕の2度設けることで、偽陽性による競技への影響を最小限にするのが狙い。
 検体は各国選手団のコロナ対策責任者らが集め、選手村や競技会場で提出する。不正を防ぐための抜き打ち検査も実施される見込み。組織委は、ワクチン接種をした選手らについて、検査回数を減らすなどの特例措置は講じないとした。 
 選手と関係者の行動管理を強化するため、大会専用車両に加えて大会専用ハイヤーサービスを新たに設ける。自己手配の宿泊施設は、組織委が感染対策を認定しない場合は利用できない。(C)時事通信社