【ビジネスワイヤ】感染症ラボサービスのフィリピン企業セーフガードDNAダイアグノスティックス(SDDI)は、試料採取スワブ製品の米ライノスティックスと提携したと発表した。SDDIは、ライノスティックスの鼻腔(びくう)・鼻咽頭用乾式採取スワブを使った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査用の試料採取製品を、フィリピンの自社施設に導入する。ライノスティックス製スワブはウイルス輸送媒体が不要で、快適な採取、乾式の輸送、試料濃縮を実現する。(C)時事通信社