自民党の下村博文政調会長は16日の記者会見で、新型コロナウイルス対策について「しっかりした追加経済対策が必要だ。早ければ来週から議論を始め、補正予算(を組むべきだ)として政府に要望したい」と表明した。衆院選公約に追加経済対策を盛り込む考えも示した。
 下村氏は「コロナによって中小・小規模事業者が影響を受けている。特に飲食・観光関係が壊滅的な厳しい状況だ。しっかりとした追加対策を打つことが必要だ」と強調した。 (C)時事通信社