富山大は16日、新型コロナウイルスのインド型など多くの変異株の感染を防ぐ「スーパー中和抗体」の作成に成功したと発表した。治療薬への応用が期待され、同大は製薬会社と連携し早期の実用化を目指す。
 学術研究部の仁井見英樹准教授らの研究グループは、重症から回復した患者の中和抗体が多く含まれる血液を使用。「B細胞」と呼ばれる免疫細胞の遺伝子組み換えを行い、特にウイルスの増殖を防ぐ能力に優れた抗体を特定し、中和抗体を人工的に作り出した。
 スーパー中和抗体は、新たな変異株に効果を発揮するだけでなく、軽症・中症患者に投与することで重症化の抑制を期待できるという。
 同大は、今回の研究により世界最速レベルで治療用の中和抗体を取得する体制を確立できたとしている。 (C)時事通信社