日本観光振興協会は17日、新型コロナウイルスワクチンの接種に関する緊急声明を発表した。政府が検討を進めている接種履歴を証明する「ワクチンパスポート」について、「デジタル化など利用者の利便性に配慮した仕組み」を求める考えを表明した。
 声明では「インバウンドなどの観光分野でもワクチンパスポートは必須だ」と指摘し、海外との往来に利用できるようにするべきだと訴えた。 (C)時事通信社