アステラス製薬は17日、ピーナツアレルギーの治療を対象として臨床試験(治験)を行っていたDNAワクチン「ASP0892」の開発中止を決定したと発表した。有効性が確認できなかったため。2021年4~6月期に減損損失215億円を計上する。 (C)時事通信社
〔写真説明〕