西村康稔経済再生担当相は17日の記者会見で、まん延防止等重点措置下の飲食店で夜7時まで酒類を提供する場合の要件を示した。同一グループの入店について「原則4人以内」とすることを求めた。
 この他、要件として(1)アクリル板などの設置や座席の間隔確保(2)手指消毒の徹底(3)食事中以外のマスク着用推奨(4)換気の徹底―を挙げた。政府はこうした内容の通知を関係自治体に出す。 (C)時事通信社