東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は18日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長から「大会は無観客開催が望ましい」とする提言を受けたことを明らかにした。同日午前に組織委が東京都内で開いたコロナ対策の専門家会合の冒頭で述べた。
 政府は東京大会の観客数について、対象地域の「まん延防止等重点措置」が解除されれば上限を1万人とする方向で調整。橋本会長は18日の専門家会合の中で、観客に関して「政府方針の下で運営することが基本」との考え方を改めて示した。橋本氏は尾身会長の提言を踏まえて夜に記者会見する。 (C)時事通信社