19日開かれた全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部で、今夏の東京五輪・パラリンピックへの意見が相次いだ。大村秀章愛知県知事は、パブリックビューイング(PV)について「国が統一的にPVなどで集まるのをやめるよう早く打ち出していただきたい」と述べ、全国的に中止するべきだとの考えを示した。
 自転車競技が開催される静岡県の川勝平太知事は「大会関係者に陽性者が多数発生した場合、地元の医療提供体制の逼迫(ひっぱく)を招くことが懸念される」と危機感を示した。
 マラソン会場を予定する北海道の鈴木直道知事は「感染拡大を防ぐためには、競技会場外での行動も統一的な取り組みが必要ではないか」と指摘。競技の観戦後は自宅や宿泊先に直帰することや、テレビ観戦の推奨などを提起した。
 飯泉嘉門会長(徳島県知事)は会議後の記者会見で「開催を前提とした局面に日本は入ったのではないか。知事会としても五輪の実施と、感染を防いでいく両面でしっかりと取り組みをしていければ」と述べた。 (C)時事通信社