【台北時事】米国の対台湾交流窓口機関、米国在台協会(AIT)は19日、台湾に無償提供する新型コロナウイルスのワクチンについて、当初予定から175万回分上乗せし、250万回分にすると表明した。ワクチンは米モデルナ製で、20日中に台湾に到着する見通しだ。
 AITはフェイスブックの投稿で、「今回のワクチン寄贈は米国の台湾に対する約束だ。台湾は信頼すべき友であり、国際的な民主主義の大家族の一員だ」と強調した。米国は当初、75万回分を台湾に供与すると発表していた。 (C)時事通信社