東京五輪の事前合宿で、成田空港に到着した東アフリカ・ウガンダの選手団のうち1人が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったことが20日、分かった。五輪延期決定後に来日した海外選手団は2例目だが、陽性確認は初めて。
 ボクシングなど3競技の選手やコーチら合計9人の選手団が到着したのは19日午後。関係者によると、このうち1人が、通常の抗原検査で新型コロナの陰性が確認できなかったため、PCR検査を受けたところ、陽性が確認された。
 選手団は、英アストラゼネカ製のワクチン接種を受けて、陰性証明書を取得していたという。陽性が確認された選手団員の症状は不明で、陰性が確認できるまで指定施設で待機する。
 ウガンダ選手団のほかの8人は20日午前、貸し切りバスで合宿地の大阪府泉佐野市内の宿舎に到着。報道陣に笑顔で手を振り、写真撮影に応じた。合宿は7月19日までで、選手は市内各所の施設で練習する予定。
 泉佐野市の千代松大耕市長は「残り8人の皆さんには念のため当面練習を控えていただき、毎日のPCR検査など十分な感染防止策を徹底した上で、無事に大会に送り出せるようホストタウンとしての役割をしっかりと果たしていきたい」とする談話を発表した。 (C)時事通信社