河野太郎規制改革担当相は20日の日本テレビ番組で、12~15歳の児童・生徒に対する新型コロナウイルスワクチン接種について「夏休み中に打ってもらい、2学期は心配せず学校に行ける状況にできたらいい」と述べた。その上で、文部科学省が近く指針を示すと明らかにした。
 厚生労働省は5月末、米ファイザー製ワクチンの対象年齢を、16歳以上から12歳以上に引き下げた。河野氏は「年齢による差は有効性も安全性もほとんどないことが分かっている」と指摘。「義務ではないから学校の授業時間中に集団で打つことはやらないと思う」とも強調した。 (C)時事通信社