麻生太郎財務相は20日、新潟県新発田市のホテルで講演し、衆院解散・総選挙の時期について「(夏の)オリンピック以後になることが間違いないという状況になっている」と述べた。また、景気動向に関連し、「安心というのは、極めて大きな要素」と指摘。「景気対策の前にワクチンが大事」として、財政出動よりも新型コロナウイルスのワクチン接種を急ぐ必要があるとの考えを示した。 (C)時事通信社