加藤勝信官房長官は21日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として東京都などへ発令していた緊急事態宣言を解除し、まん延防止等重点措置に移行したことについて「感染の再拡大により医療の逼迫(ひっぱく)の兆しが見られた場合などは対策の強化を含め機動的な対処を図っていく」と述べた。対象地域と緊密に連携する考えも改めて示した。 (C)時事通信社