菅義偉首相は21日午後、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が発令された場合、東京五輪・パラリンピックの観客の扱いについて、「安全安心のために無観客というのも辞さない」と明言した。首相が無観客開催に言及するのは初めて。都内でワクチンの職域接種の現場を視察後、記者団の質問に答えた。
 首相は、再び感染が拡大し緊急事態宣言を出さなければならない事態を想定。「宣言のときは十分にあり得る。安全安心を最優先にやるのは当然のことだ」と強調した。
 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らが無観客開催が望ましいとする提言を公表したことに関しては、「提案はしっかり受け止めさせていただきたい」と語った。 (C)時事通信社