菅義偉首相は21日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種が同日から本格始動したことを受け、東京都内の日本郵政グループ本社と虎ノ門ヒルズ森タワーの接種会場を視察した。受付から接種までの流れを確認したほか、企業幹部らと意見交換。終了後、記者団に「接種によって安心して仕事ができるようになったという話も聞いた。企業、大学の接種をさらに加速化させたい」と意気込みを語った。
 首相はまた、企業、大学から累計で約1300万人分の申請があったと説明。「ワクチン接種は感染症対策の切り札だ。一日も早く希望する皆さんに接種できるよう、政府を挙げて取り組む」と強調した。 (C)時事通信社