日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は21日、相撲記者クラブの代表取材に応じ、協会員を対象とした新型コロナウイルスのPCR検査を実施した結果、全員が陰性だったことを明らかにした。
 昨年3月の春場所以来の地方開催となる名古屋場所(7月4日初日、愛知・ドルフィンズアリーナ)に向け、現地に移動する前に安全を確認した。今月23、24日には力士と親方衆がワクチン接種を受ける。 (C)時事通信社