京都府立医科大などの研究グループは21日、新型コロナウイルス感染症の中和抗体製剤と同等の治療効果を持つたんぱく質を開発したと発表した。感染力の強い変異株にも有効といい、論文は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。
 新型コロナウイルスは、体内の細胞表面にある受容体たんぱく質「ACE2」に結び付いて侵入し、感染する。研究グループはACE2を改変し、結合力を約100倍に高めた、たんぱく質を開発した。
 疑似ウイルスを使った実験では、改変たんぱく質が結合して無力化する「中和活性」を確認。感染させたハムスターで、肺炎の重症化を抑制するなどの効果が見られた。全国的に流行している英国型や、感染力の強さが指摘されるインド型などの変異株にも効果が確認できたという。
 ウイルスが改変たんぱく質に対応して新たに変異した場合は細胞にも侵入できなくなるため、同大の星野温助教は「コロナが収まるまで使い続けることができる」と話している。 (C)時事通信社