東京都の小池百合子知事は21日、東京五輪・パラリンピックに向け、大会組織委員会や政府、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の各代表との5者協議に臨み、「状況に応じて無観客も含めて対応を検討する必要がある」との見解を述べた。検討の条件としては、感染状況や医療状況の急激な変化を挙げた。
 協議では、これらの状況に急激な変化が生じた場合、速やかに5者協議を開催して対応を検討することで合意した。小池知事は協議後、記者団の取材に対し、「都民の命と健康を守るという立場から、オリンピックはもとより、パラリンピックまでの期間を通して安全な環境で開催をしていく必要がある」と強調。IOCなど関係者と緊密に連携していく考えを示した。 (C)時事通信社