外国メディアは21日、東京五輪の観客数が会場定員数の50%以内で最大1万人と決まったことを速報で伝えた。「世論の反対や(新型コロナウイルスの)感染再拡大への強い懸念にもかかわらず、数十億ドル規模のスポーツの祭典を開催しようとする日本の姿勢を浮き彫りにした」(ロイター通信)などと論評した。
 ロイターは「(日本では)ワクチン接種が遅れ、医療体制が逼迫(ひっぱく)している地域もある」と指摘し、最新の世論調査でも65%が大会の再延期か中止を望んでいると紹介した。AFP通信は「専門家らは大勢の観客が新たな感染拡大の原因になると懸念し、無観客開催が理想的だと提言している」と報じた。 (C)時事通信社