【台北時事】台湾総統府は22日、バルト3国のリトアニアから新型コロナウイルスワクチンの寄贈を受けると発表した。リトアニア政府から同日、英アストラゼネカ製2万回分を無償提供すると伝えられたといい、9月中に輸送される見通し。台湾が昨年4月、リトアニアにマスク10万枚を供与している。
 リトアニアは、中国と中東欧など17カ国が進める協力枠組み「17+1」から脱退を表明するなど、中国と距離を置き始める一方、貿易に関する出先機関を台湾に開設する意向を示しているとされる。リトアニアの台湾接近に、中国が反発する可能性もある。 (C)時事通信社