医師免許がないのに健康診断の問診など医療行為をしたとして、大阪府警は23日、医師法違反容疑で、神戸市垂水区星が丘、職業不詳上横手千文容疑者(58)を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、2020年10~12月、大阪府内の事業所3カ所で、インフルエンザの予防接種や健康診断の際の問診を、無免許で計約340人に行った疑い。
 府警によると、上横手容疑者は府内の医療専門学校で、今年1月まで作業療法士を養成する学科の教官だった。周囲に自分は医師と偽り、知人女性から紹介された病院のアルバイトで、企業に出向いて問診などをしていた。これまでに健康被害は確認されていない。 (C)時事通信社