河野太郎規制改革担当相は23日の記者会見で、企業・大学などの単位で行う新型コロナウイルスワクチンの職域接種の申請を25日午後5時で一時休止すると発表した。自治体の大規模接種の新規受け付けは既に休止した。それぞれの接種で使用している米モデルナ製ワクチンが不足しそうだという。再開時期の見通しは立っていない。
 政府はモデルナ製に関し、9月末までに5000万回分の供給を予定しているが、河野氏は「職域接種と大学拠点接種で3300万回を超えてきている。自治体の大規模接種が1200万回を超えてきているので、かなり上限に近くなっている」と述べた。1日の配送可能量が上限に達しているとも説明した。
 河野氏は、職域と大規模の両接種でワクチンが余分に申請されていないか精査するとした上で、「精査が終わった時点で、余った枠については順次、お待ちいただいているところを承認し、ワクチンを届けたい」と述べた。再開時期に関しては「分からない」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社