国際モーターサイクリズム連盟(FIM)などは23日、新型コロナウイルスの感染拡大による移動制限などを理由に、10月1~3日に栃木・ツインリンクもてぎで開催予定だったオートバイ・ロードレース世界選手権シリーズの日本グランプリ(GP)を2年連続で中止すると明らかにした。
 延期されていた米国GPを10月1~3日に開催し、タイGPが同15~17日に延期される。 (時事)(C)時事通信社