加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、新型コロナウイルスの東京都の感染状況について「高い警戒感を持って注視し、必要があれば対策の強化を含め機動的な対処を行っていく」と述べた。
 これに関し、西村康稔経済再生担当相は都内で記者団に「少し増加傾向になってきつつある」と指摘。「病床の状況、医療体制の負荷をよく見ながら、先手先手で対応する」と語った。 (C)時事通信社