加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの職域接種の申請を一時休止することについて、「(ワクチンの)供給ペースに合わせて計画的に出荷する必要がある。あくまでも円滑に接種を進めていく中での措置だ」と説明した。これから申請を検討する企業などに対しては「必要な情報を提供しながら、混乱が生じないように対応していきたい」と述べた。
 また、米疾病対策センター(CDC)が、若年層を中心にワクチン接種後に心筋炎などが確認されると発表したことに関し、「厚生労働省において副反応疑い事例を収集し、適切な情報提供を行っていく」と語った。 (C)時事通信社