宮内庁の西村泰彦長官は24日の定例記者会見で、天皇陛下が新型コロナウイルス感染状況を大変心配されているとした上で、「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁を務めるオリンピック、パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか懸念されていると拝察している」と述べた。
 西村長官は、陛下との日々のやりとりの中で自らが感じたことだとして、「直接そういうお言葉を聞いたことはありません」と説明。一方、大会組織委員会などの関係機関に対し、開催が感染拡大につながらないよう「連携して感染防止に万全を期していただきたい」と話した。
 また、陛下の東京五輪開会式出席や競技観戦などについては「関係機関と調整中」と述べた。
 五輪憲章は開催地の国家元首が開会を宣言すると定めており、前回1964年の東京大会と72年の札幌大会では昭和天皇が、98年の長野大会では在位中だった上皇さまが名誉総裁として宣言した。陛下は2019年7月に東京五輪・パラリンピックの名誉総裁に就任した。 (C)時事通信社