菅義偉首相は24日、新型コロナウイルス対応について「感染対策とワクチン接種の二正面作戦により、一日も早く収束させることが経済や国民生活の最大の対策だ」と述べ、経済再生に向け早期収束を目指す考えを示した。来賓として出席した東京都内の会合で語った。
 首相は、ワクチン接種を「対策の決め手」と強調。高齢者向け接種の回数増加や本格化した職域接種に触れつつ、「若い方も含め一日も早く皆さんにワクチンをお届けできるように政府を挙げて取り組む」と語った。 (C)時事通信社