東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は24日、都内で取材に応じ、大会開催による新型コロナウイルス感染拡大を天皇陛下が懸念されているとの指摘について、「安全、安心な大会を開催することが責務なので、その実現に向けて最善を尽くしたい」などと話した。 
 宮内庁の西村泰彦長官が同日の記者会見で「国民の間に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか(陛下が)懸念されていると拝察している」と述べた。これに対し、武藤氏は「現状でどこかに問題点があるということではないと理解している。当然、コロナ対策の必要性はわれわれも重々分かっている」と語った。(C)時事通信社