東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は24日、初採用されるアーバン(都市型)スポーツの会場が集まる東京臨海部で期間中にエキシビションや競技体験などを行う取り組みについて、新型コロナウイルス対策の観点から「コンセプトそのものを見直す必要がある」と述べ、規模縮小を検討していると明らかにした。
 観戦チケットを持っていない人も選手のウオームアップを間近で見られる場所を含めて、にぎわいを生む空間にする構想だった。「夢の大橋」には第2聖火台が置かれることから、エリア一帯を大会の目玉の一つとして位置付けていた。
 また、サーフィン会場の釣ケ崎海岸(千葉県一宮町)に併設する形で実施を予定していた音楽などのフェスティバルについても、展示イベントに切り替えるなど計画を変更する方向だとした。 (C)時事通信社