【ワシントン時事】天皇陛下が新型コロナウイルス禍での東京五輪開催を懸念されていると西村泰彦宮内庁長官が指摘したことについて、海外のメディアでも反響が広がった。
 米有力紙ワシントン・ポスト(電子版)は24日、「五輪開催に重要な不信任投票」と見出しを掲げた。天皇が物議を醸す問題について発言することは「めったにない」と指摘する一方、その発言には重みがあり「日本政府や国際オリンピック委員会(IOC)を当惑させるだろう」と予測した。
 ただ、五輪開催の方針に変わりはないとも報道。主催者を「心変わりさせるには遅過ぎた」と分析した。「(天皇が大会で行う)開会宣言は、主催者が期待するよりもつつましいものになるだろう」と予想する専門家の見方を報じた。
 米保守系FOXニュースも、天皇は国家の象徴で政治権力を持たないと紹介した上で、その言葉は「尊重されている」と伝えた。 (C)時事通信社