西村康稔経済再生担当相は25日午前の記者会見で、東京都で新型コロナウイルスの感染状況がさらに悪化すれば、飲食店で酒類を提供しないよう改めて要請することもあり得るとの見解を明らかにした。西村氏は「酒類の提供を再び停止することを含めて考えなければならない」と述べた。
 西村氏は都内の感染状況について「想定していたとはいえ、人流や感染者数が増えていることに高い警戒感を持っている」と懸念を表明。「必要に応じて酒類停止などを含む強い対策を頭に置き、病床状況をより重視して判断したい。先手先手の対応が大事だ」と述べた。「直ちに緊急事態を出すという状態ではない」とも語った。 (C)時事通信社