【ビジネスワイヤ】2021年難民擁護・支援のためのシャルジャ国際アワード(SIARA)が、人道支援組織RefuSHEに授与されたと発表された。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な大流行により、社会から取り残された女性や少女の脆弱(ぜいじゃく)性が深まる中、少女と女性を中心とした人道支援組織であるRefuSHEは、東アフリカ大湖地域において、孤児・孤立・離散状態にある13~21歳の難民の少女や子供、若い女性を保護し、教育し、支える活動を行っており、その優れた功績がSIARAの選考委員会に認められた。 (C)時事通信社