茂木敏充外相は25日の記者会見で、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピンの東南アジア諸国連合(ASEAN)4カ国に7月1日以降、それぞれ約100万回分の新型コロナウイルスワクチンを供与すると発表した。既に提供済みの台湾、ベトナムに対しても約100万回分ずつ追加供与する。いずれも英アストラゼネカ社製で、2国間の直接支援の形を取る。
 これとは別に、7月中旬以降、国際的なワクチン調達の枠組み「COVAX(コバックス)」を通じ、東南アジアや南西アジア、太平洋島しょ国に計約1100万回分のワクチン供与を開始することも明らかにした。COVAXを通じた供与は、日本政府が既に表明している計約3000万回分の途上国支援の一環。 (C)時事通信社