防衛省は26日、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターについて、東京、大阪両会場の28日~7月4日までの予約枠が26日午前0時の受け付け開始から9分で埋まったと発表した。
 28日以降はほとんどが2回目接種で埋まっているため、1日当たり東京で300人、大阪で75人の追加枠を設けていた。今後キャンセルが出れば接種の前日まで申し込みが可能。 (C)時事通信社