河野太郎規制改革担当相は26日、新型コロナウイルスワクチン職域接種の新規申請休止に関し、既に出された分の受け付けの可否を判断するに当たっては、都市部に集中するなど地域的な偏りが出ないよう配慮する考えを示した。ワクチン接種の視察のため訪れた神奈川県茅ケ崎市で記者団に語った。
 企業や大学などの単位で行う職域接種の状況について、河野氏は首都圏や関西圏、愛知、福岡両県といった都市部に集中していると指摘。「今いただいている申請を精査し、早く開始できるよう努めたい。自治体の接種と職域接種の分布状況をまず把握したい」と述べた。
 職域接種は米モデルナ製を使用する。想定以上の申し込みがあり、ワクチン供給の上限が近いとして25日で受け付けを一時休止した。 (C)時事通信社