重い遺伝病を避けるために受精卵を選別する「着床前診断」について、日本産科婦人科学会(日産婦)は、対象を拡大する方針を決めた。「成人前に」死亡する恐れのある病気などに限ってきたが、年齢部分を「原則、成人前に」と変更する。成人後に発症する病気も含まれることになる。
 26日の定時総会後の記者会見で明らかにした。日産婦は今後、内規の改定などに向けて議論する。 (C)時事通信社