新型コロナウイルスの影響で減収となった中小企業などを対象とする「家賃支援給付金」の詐取事件で、逮捕された経済産業省キャリア官僚2人が容疑を大筋で認め、「相談してやった」と供述していることが27日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁捜査2課は同日午前、2人を送検。逮捕前に警察の捜査を察知し、証拠隠滅について話し合った可能性もあり、詳しい経緯を調べる。
 2人は、経産省経済産業政策局職員の桜井真(28)、新井雄太郎(28)両容疑者。虚偽の賃貸借契約書などを使って家賃支援給付金を申請し、約550万円を詐取した疑いで25日に逮捕された。
 捜査関係者によると、2人は有名私立大の付属高校の同級生。経産省には桜井容疑者が2018年、新井容疑者が20年に入省し、同じフロアで働いていた。逮捕後の調べに対し、「2人で相談して(給付金詐取を)やった」などと供述している。 (C)時事通信社