【ジョンズクリーク(米ジョージア州)時事】全米プロゴルフ協会と米女子プロゴルフ協会(LPGA)は26日、全米女子プロ選手権に出場している渋野日向子のキャディーが、25日に受けた新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたと発表した。渋野本人は25日と、26日の検査でともに陰性だったため、LPGAの感染防止規定に基づき、地元キャディーを起用して第3ラウンドをプレーした。
 渋野とキャディーは25日に帰国前の検査を受け、同行するキャディーの陽性が判明。症状はなく、同日夜の再検査は陰性だった。LPGAの規定では、キャディーが陽性となった選手は毎日検査を受け、陰性だった場合はプレーを続行できる。渋野は「きょう出られるか分からない状況で不安だったが、回り切れてよかった」と話した。 (C)時事通信社